presented by
Menu
あと5年間FCバイエルンで

トーマス・ミュラーが2017年まで契約を延長

一足早いクリスマスプレゼントのようなニュースが舞い込んできた。FCバイエルンに欠かすことのできない存在となった、ユース上がりのトーマス・ミュラーが水曜、2015年までの契約をさらに2年延長し、2017年6月30日までとしたのだ。

これを受け、代表取締役社長のカール=ハインツ・ルンメニゲは、「バイエルンのユース出身の彼の存在は、最近クラブにとって非常に大きくなっており、チームに欠かせない重要な選手に成長してくれた。また、クラブでの活躍を通してドイツ代表メンバーにも選出され、こちらでも大きな役割を担うようになっている。この度、そんな彼と契約を延長することで合意でき、非常に嬉しく思っている。」との談話を発表している。

また、ミュラー本人も、「さらに2年ここでプレーできることになって、嬉しいよ。このクラブが好きだからね。ここには成功を収めるための要素がすべて揃ってるし、居心地も最高。僕自身、ここのユース出身だから、これからもここでプレーできることになって本当に感無量だよ。」との声明を出している。