presented by
Menu
インサイド

マンジュキッチがクロアチア最優秀選手に

FCバイエルンのFWマリオ・マンジュキッチが30日(日)、監督や元クロアチア代表選手らから成る選考委員会によってクロアチアの2012年度年間最優秀選手に選出された。この夏にVfLヴォルフスブルクからFCBに移籍したマンジュキッチは、レアル・マドリード のMFルカ・モドリッチを抑えてこの栄世を手にしている。FCB選手としては、2週間前にオーストリア年間最優秀選手に輝いたダヴィド・アラバに続いて今年二人目となる。

アーセナルが5位に浮上
チャンピオンズリーグ決勝トーナメント初戦におけるFCバイエルンの対戦相手で、以前FCBでプレーしていたルーカス・ポドルスキーが所属するアーセナルは、2012年を勝利で締めくくっている。昨日土曜に行われたプレミアリーグ戦ではホームにニューカッスルを迎え、7-3(1-1)と激しい打ち合いで最終的に大勝を収めることに成功。この試合ではセオ・ウォルコットがハットトリック(20、73、90+1分)を決めているほか、オリヴィエ・ジルーも2得点(84、87分)。さらに、アレックス・チェンバレン(50分)、ポドルスキー(64分)らもそれぞれゴールを決め、チームの勝利に貢献している。ニューカッスル側では以前ホッフェンハイムでプレーしていたデンバ・バ(44、69分)とシルヴァン・マルヴォー(59分)が得点しているが、後半にガナーズ(アーセナルの愛勝)の攻撃陣が爆発して敗戦。ニューカッスルは前節のマンチェスター・ユナイテッド戦も3-4で落としている。