presented by
Menu
CL決勝トーナメントの組み合わせ

FCバイエルンはアーセナルと対戦

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選が20日、ニヨン(スイス)で行われた。元イングランド代表のスティーブ・マクマナマン氏の下、FCバイエルンはイングランドのトップクラブ、アーセナルと対戦することが決まっている。

「アーセナルのことは熟知している。この結果には満足できると言える。」と話すのは、FCB代表取締役社長のカール=ハインツ・ルンメニゲ。だが同時に、「決して侮れない相手。楽をして勝てる相手ではない。アウェーで出来るだけいい結果を残し、ゴールを決めることが大切だ。」とアーセナルのことを警戒もしている。„

今シーズン、シャルケに続いて2位でグループステージを通過しているアーセナルとは、FCBはチャンピオンズリーグを制した2001年にも決勝トーナメントで対戦しており(2-2、1-0)、それ以前には2005年にも勝利を収めている(3-1、0-1)。これまでの結果だけ見れば、なかなかの抽選結果だと言えるだろう。ちなみに、アーセナルには2006〜2009年にかけてFCBでプレーしていた、ルーカス・ポドルスキーが現在所属している。

グループを首位で通過したFCBは2013年2月19日にエミレーツ・スタジアムでファーストレグを、2013年3月13日にはホームのアリアンツ・アレーナでセカンドレグを戦うことになる。

決勝トーナメント1回戦の組み合わせ:

ガラタサライ(トルコ)- シャルケ04
セルティック(スコットランド)- ユベントス(イタリア)
アーセナル(イングランド)- FCバイエルン
シャフタル・ドネツク(ウクライナ)- ボルシア・ドルトムント
ACミラン(イタリア)- バルセロナ(スペイン)
レアル・マドリード(スペイン)- マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
バレンシア(スペイン)- パリサンジェルマン(フランス)
ポルト(ポルトガル)- マラガ(スペイン)