presented by
Menu
トップチームで練習

ザマー:「ホイビェルクにチャンスはある」

前季バイエルンのセカンドチームで最も輝いていたピエール=エミール・ホイビェルクは、褒美としてこの冬FCバイエルンのトップチームのカタールキャンプに同行した。そんなデンマーク出身の17歳は、大きな夢の実現に向け、また一つ扉をこじ開けた。というのもホイビェルクはトップチームでの居場所を勝ち取り、今後はフィリップ・ラームらトッププロと肩を並べて練習することになるからだ。
「今後もピエールを徐々に慣らしていく、1軍で」とマティアス・ザマーはFCBニュースで明かした。
「後は彼自身だ」

今週からトルコのベレクでプレシーズンキャンプを開始したFCバイエルンのセカンドチームにホイビェルクの姿はなかった。とはいえ後季が再開すれば、彼は再びメーメット・ショル監督率いるセカンドチームで実戦経験を積むことになりそうだ。今シーズン中にトップチームでのメンバー入りを果たせるかどうかは不明だが、ザマーはこう語っている。
「ピエールはより男らしく、勇ましくなった。チャンスはある」
また「ユップ・ハインケスに若手を見る目があるのは有名な話」とザマーは続けた。

2012年の頭にブレンビーIFからミュンヘンにやってきたばかりのデンマーク期待の若手は実に謙虚にこう述べた。
「毎日非常に貴重な経験を積ませてもらっている」
ホイビェルクは以前カタールキャンプでこう語っていた。
「プロサッカーという夢にまた一歩近づけた。でもまだ通過点に到達したにすぎない」

最近トップチームの練習に参加している若手は何もホイビェルク一人ではない。ゴールキーパーのレオポルト・ツィンゲルレもそうだ。18歳のツィンゲルレは、ホイビェルク同様にカタールキャンプからチームに合流、27日(日)のシュトゥットガルト戦では手首のねじれにより思うように練習できていないセカンドゴールキーパーのトム・シュタルケに代わってメンバー入りを果たす可能性が出てきている。これについてザマーはこう語った。
「幸い重症ではない。トムは今最善の治療を受けている」

シュトゥットガルト戦まであと練習2回

バイエルンは、シュトゥットガルトでのドイツ南部ダービーに向け26日(土)にチームバスで移動する予定だが、その前に明日金曜、土曜と2度の非公開練習を設けている。無論ホイビェルク、ツィンゲルレの両者も参加する予定だ。