presented by
Menu
2017年まで残留決定

バドシュトゥーバーが契約を延長

金曜の午後、代表取締役社長のカール=ハインツ・ルンメニゲと取締役のヤン=クリスティアン・ドレーゼン、そしてマティアス・ザマー両名立ち会いのもと、ホルガー・バドシュトゥーバー(23)が2014年までの契約を2017年6月30日まで延長。ドイツ代表でもあり、現在は十字靭帯断裂(昨年12月のドルトムント戦にて負傷)からの回復に励んでいるバドシュトゥーバーはこれに対し、「契約書にサインするのはいつも特別な感じがするね。特にバイエルンみたいなクラブでは。(延長が決まって)すごく嬉しいよ。」との談話を発表している。

バドシュトゥーバーはすでに2002年からFCバイエルンのユースチームでプレーしており、2009/10シーズンにはプロデビューを果たすと共に主力に成長。クラブでの活躍を通してドイツ代表にも招集されており、ここまで通算101試合のブンデスリーガ戦に出場している。