presented by
Menu
インタビュー:ロッベン(2)

「CLは最終的に優勝しないと意味がない」

今シーズン自身2度目のブンデスリーガ優勝を果たすことができれば、「ものすごく意味のあるタイトルになる」と話すアリエン・ロッベン。それでも、やはり何としてでも手にしたいのはチャンピオンズリーグの優勝だそうだ。これまですでにチェルシー時代に2回準決勝を、バイエルンでは2回決勝に進出しているのだから、無理もない。fcbayern.deではそんな発言も含め、昨日の第1弾に続いてロッベンのインタビュー続編をご紹介する。

インタビュー:アリエン・ロッベン(第2弾)

fcbayern.de:
アリエン、イースター真っ最中の来週の土曜には優勝が決まりそうな勢いだけど、これだけ早い時期に決まるのは、実現すれば今回が史上初の出来事。先週末には、これがCLやDFBカップにマイナスの影響を与える可能性があるって話してたけど?
ロッベン:「大きなチャレンジになると思うって言っておくよ。リーグ戦で勝ち点を獲得する意味がなくなっても、100%のレベルを保たなくちゃいけないからね。気を緩めたり、楽勝だなんて考えちゃいけないんだ。まだまだ大一番が残ってるし、それに向けてしっかり照準を合わせていかないと。でも、僕らの(チーム)気質からして、大丈夫だとは思うけどね。」

fcbayern.de:今シーズンの優勝が決まれば、個人的には2度目の優勝になるけど、どんな意味がある?
ロッベン:「僕らにとって、ものすごく意味のあるタイトルになるね。ここ2年間は無冠だったわけだし。とにかく、(2位以下に)これだけの大差を付けて首位を独走してて、優勝ももうほとんど確実っていうのは本当に最高だよ。」

fcbayern.de:チャンピオンズリーグについてですが、パフォーマンスセンターでチームメイトと一緒に抽選会を見たとのこと。ユヴェントスと対戦と聞いて、何を考えた?
ロッベン:「結果が出るまで時間がかかったし、どきどきしたね。色々希望はあったけど、結果は抽選で決まるわけだから、僕らがどうこうできるわけじゃないし。決勝に進出するには、ユヴェントスだって倒さなくちゃいけないんだから。もっといい相手に恵まれてもよかったけど、より厳しい相手と当たる可能性もあったね。」

fcbayern.de:ユヴェントスに対する評価は?
ロッベン:「守備はばっちりだし、攻撃陣にもすごくレベルの高い選手がそろってる。難しい試合になると思うよ。我慢強さが求められると思う。クリエイティブな攻撃を展開して、何とか相手の守備をこじ開けたいね。とにかく、見応えのある試合になると思う。」

fcbayern.de:個人的には、イタリアのチームと対戦するのは好き?
ロッベン:「そうだね!イタリアのチームはすごく守備的な布陣でくるから、こっちとしてはボールをいっぱい回せるし、色々試すことができるんだよ。だから、個人的には好きな対戦相手なんだ。」