presented by
Menu
1957年ドイツカップ優勝メンバー

ハンス・ファルテンマイアー死去

FCバイエルン元選手で1957年ドイツカップ優勝メンバーのハンス・ファルテンマイアー(享年80歳)が金曜日ミュンヘンで亡くなった。

故ファルテンマイアーは1947年からバイエルン育成チームを経て、1952年から1957年までトップチームでプレー。バイエルンで600試合以上に出場。ポジションはMFとDF。2007年FCバイエルンの名誉会員となっていた。

ファルテンマイアーは可能な限りいつもアリアンツアレーナでの試合に姿を現していた。「私はバイエルンの人間だ。いつまでもな。」と2008年バイエルンマガジンのインタビューに答えていた。

1957年にドイツカップ優勝を果たしたファルテンマイアーは当時代表監督だったゼップ・ヘルベルガーから召集を受けたが、直後に膝の十字靭帯断裂の重症を負ったため「1年間まったくプレーできなかった」(ファルテンマイアー)。

現役引退後監督ライセンスを獲得、審判試験も受けた。FCバイエルンでは1990年から1996年までユース監督を務め、後にブンデスリーガでデビューしたトーマス・ヒッツェルスペルガー、クリスティアン・レルの二人を育て上げた。

FCバイエルンはここに哀悼の意を表します。