presented by
Menu
ハノーファー戦後のコメント

「とにかくサッカーを楽しむことができた」

ほとんど完璧な内容だった。すでにブンデスリーガ優勝は決めているのに、そんなことは微塵も寛治させないプレーで、6-1とアウェーでハノーファーに大勝。これには監督のユップ・ハインケスも大満足の様子で、「選手たちはとにかくサッカーを楽しんでいた。素晴しい姿勢だ。全員がモチベーションたっぷりだった。」と話している。また、GKマヌエル・ノイアーも、「(この試合で)バルセロナ戦に向けてしっかり準備をしたかったんだけど、それがうまくいったね。」と満足げだ。

試合後のコメント:

ユップ・ハインケス:
「選手たちはまたしても、われわれにはBチームなどなく、全員がAチームであることを証明してくれた。とにかくサッカーを楽しんでいた。素晴しい姿勢だ。全員がモチベーションたっぷりで、試合に流れがあり、規律正しいプレーから何度もビッグチャンスを作り出すことができた。前半だけですでに、大勝の土台は出来上がっていた。」

マヌエル・ノイアー:「バルセロナ戦に向けてしっかり準備をしたかったんだけど、それがうまくいったね。いいプレーができたし、特に前半の出来は際立ってたと思う。」

ロン=ロベルト・ツィーラー(ハノーファーGK):「今日の結果は、チーム全体にとって非常に手痛いものになってしまった。もちろん、(優勝を決めた)バイエルン相手ではあるけど、こんな不甲斐ない成績では、他のどんなチーム相手でも難しくなっていたと思う。大敗するだけの理由はあったよ。」

ラース・シュティンドル(ハノーファーMF):「今日のプレーはとにかく最悪だった。こんなことはもう二度と繰り返しちゃいけない。特にホームではね。すぐに0-2と突き放された上、結局最後まで僕ら自身のプレーができなかった。でも、今シーズンのバイエルンの出来は見事だね。」