presented by
Menu
試合後のコメント

「重労働だった」

FCバイエルンは、対SCフライブルク戦を1-0と1点差ではあるが、内容からすれば危なげない試合運びで制し、連勝記録をさらに更新した。
「今日は重労働だった」と述べたユップ・ハインケス総監督も、最後には後季開幕14連勝を達成した「チームを称賛する。我々は非常に賢い、とてもプロフェッショナルなサッカーをしていた」と評価した。ダニエル・ファン・ボイテンはこう語った。
「我々はみなタイトル獲得という一つの目標に向かって全員で前進している」

SCフライブルク戦後のコメント:

ユップ・ハインケス:

「チームには試合前からフライブルクは要注意だと告げていた。というのもシュトライヒ(フライブルクの監督)がフライブルクで造り上げたのはセンセーショナルなものだからだ。数年間の年月をかけて育て上げたチームだ。今日は重労働だった。だがチームを称賛する。我々は非常に賢い、とてもプロフェッショナルなサッカーをしていた」

ダニエル・ファン・ボイテン:
「我々はみなタイトル獲得という一つの目標に向かって全員で前進している。我々は控えも強者揃いで、(先発組を)妬んだりする者など一人もいない」

クリスティアン・シュトライヒ(SCフライブルク監督):
「結果には満足できない。ぎりぎりのところまできていただけに、もっと良い結果が欲しかった。今日は今までやったことのないような守備的なフォーメーションで挑んだが、バイエルン・ミュンヘンのバリエーションを考えると、そうするしかなかった。とはいえ、バイエルン・ミュンヘンの勝利は妥当な結果だったと言える」

オリヴァー・バウマン(SCフライブルクGK):
「今日はもっと良い結果を出すことも可能だったと思う。前半には幾つか良いチャンスがあった。最後の方もそうだ。だけど運に見放され、シュートする度にバイエルンの選手に当たってしまったり、最後の最後で足を出されたり。今日負けたのは悔しい」