presented by
Menu
トリプルを視野に

ウェンブリーのヒーローがドイツカップ決勝に向けて準備

 さあ、3冠へ!チャンピオンズリーグ、ブンデスリーガ優勝を果たしたFCバイエルンは、土曜日にベルリンですでに十二分に素晴らしいシーズンをさらに輝かせるつもりだ。ドイツカップ決勝でVfBシュトゥットガルトに勝利すれば、ドイツクラブとして史上初の3冠達成となる。

 「歴史的な、本来なら実現不可能なことを成し遂げるチャンスを手にしている。チームはこの数か月間同様の姿勢で試合に臨むことだろう。100%集中して、真剣に、相手をリスペクトして臨まなければ」と代表取締役カール・ハインツ・ルンメニゲは火曜日にfcbayern.deで行われた独占インタビューで話していた。

 ウェンブリーでの成功から3日経った火曜日の午前中、バイエルン選手は再び練習に戻り、満員のベルリン・オリンピアスタジアムでのドイツカップ決勝(ドイツ時間20:00キックオフ)の準備に入った。チャンピオンズリーグ優勝を祝い、2日間の休みをもらったロンドンのヒーローたちは、アリエン・ロッベンが「少し気持ちを入れていく」と話した今日の練習で汗を流した。

 「今日のチーム練習は最高レベルではなかったと聞いたけど、でもそれは普通だと思うよ」とピッチ上ではなく、休息用のメニューをこなしていたロッベンは冗談ぽく話した。一方、GKマヌエル・ノイアーは決勝に向けての「真剣さがピッチ上にあった」と感じていた。

決勝は簡単なものではない

 この真剣さは土曜日にシュトゥットガルトを倒すために必要なものとなる。ロッベンも「難しい試合になると思う。彼らの持っているものすべてを投げうってくるだろう。僕らの全力が試される。簡単なものではない」と危機感を募らせていた。チャンピオンズリーグ優勝からすぐにも気持ちを入れ替えなければならない、とも強調していた。

 スポーツディレクターのマティアス・ザマーも「チャンピオンズリーグ優勝による感情の高ぶりが、ドイツカップ決勝で歴史的なチャンスを台無しにするようなことになってはならない」と警告していた。

 さらに「歴史的なチャンスをうまく手にしなければならない。喜びと熱狂を持って決勝に挑まなければならない。チャンピオンズリーグ決勝を楽しみにしていたのと同じくらい、ドイツカップ決勝も楽しみにしている。ベルリンでの決勝に残ったことは今までなかったんだ。それに2位でピッチを後にする気など全くない」と気持ちを決勝に向けていた。