presented by
Menu
CL決勝まであと9日も

ザマー「いつものように、冷静に」

ウェンブリー(ロンドン)でのチャンピオンズリーグ(CL)決勝、ドルトムント戦まであと9日。ただでさえ見事な結果を出した今シーズンを締めくくる頂上対決への期待度は、アリアンツ・アレーナで発売された4万5000枚ものパブリックビューイング・チケットが、わずか6時間以内で完売したことからもうかがえる。それでも、ゼーベナー・シュトラーセでは、誰もができるだけ冷静さを保とうとしている。

そんな中、スポーツディレクターのマティアス・ザマーはFCB Newsに対し、「いつものように冷静に、落ち着き払って着々と日々のスケジュールをこなしていくのみだ。今のチームは非常に安定しているだけでなく、プレーのレベルも高いだけあって、CL決勝に向けて急にこれまでのやり方を変えなければいけないというような感覚に陥ることだけは避けたい。」と、その事務的ともいえる態度を説明している。

このように、『通常業務』がモットーとして掲げられているFCバイエルン。ザマーはさらに、「どこかで硬くなったり、無理したりする必要はない。それに、まだ決勝に目を向けるのは少し時期尚早だ。まずはグラットバッハ戦に集中する。」とし、土曜に行われるブンデスリーガ最終戦(午後3時半キックオフ)での勝利を誓った。