presented by
Menu
優勝セレモニー後のコメント

ハインケス:「誇りに思う」

ゴール、シャーレ、大量のビール。対アウクスブルク戦を3-0で制したFCバイエルンは、サポーターと共に盛大な祝勝会に酔いしれた。
「これは選手とコーチングスタッフが力を合わせて勝ち取った栄光だ。我々が今年見せたサッカーは、ブンデスリーガの長い歴史を見ても未だかつて成し遂げられたことの無いほど継続的にハイレベルなものだった。誇りに思う」と白ビールをかけられたユップ・ハインケスはずぶ濡れになりながら語った。バスティアン・シュヴァインシュタイガーは長い夜になるとこう述べた。
「まだ試合が残されていることはみな百も承知しているが、今夜は遅くまで思いっきり楽しませてもらう。我々はまだ若いのだから、それくらいへっちゃらさ!」

優勝セレモニー後のコメント:

マティアス・ザマー:
「今日のアウクスブルクは良かった。3-0という結果ほどの差はなかった。これでシーズンが終わったわけではない。まだ大きな目標がある。その大きな目標を達成することができたら、さらに大騒ぎするよ。私にとってこのマイスターは特別だ。我々は勝ち点を88に伸ばした。最高な気分だ。永遠と歴史に刻まれることを祈る」

ユップ・ハインケス:
「これは選手とコーチングスタッフが力を合わせて勝ち取った栄光だ。我々が今年見せたサッカーは、ブンデスリーガの長い歴史を見ても未だかつて成し遂げられたことの無いほど継続的にハイレベルなものだった。誇りに思う。FCバイエルンの白ビールかけは免れなかったけど、(逃げ回った時に)肉離れを起こさなかったのがせめてもの救いだ」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:
「我々は信じられない記録を打ち立ててマイスターに輝いたんだ。50年間のブンデスリーガの歴史でも未だかつてない大記録を達成できて最高の気分だ! 個人的には6度目のマイスターだけど、初めて勝ったときのように嬉しいよ。まだ試合が残されていることはみな百も承知しているが、今夜は遅くまで思いっきり楽しませてもらう。我々はまだ若いのだから、それくらいへっちゃらさ!」

ダンテ:
「今日は間違いなくバカ騒ぎするぞ! チャンピオンズリーグ決勝戦まではまだ2週間もある。2年連続無冠に終わっていただけに、ファンと一緒に盛大に祝いたい」

マルクス・ヴァインツィーエル(FCアウクスブルク監督):
「勝ち点が欲しかった。今日はそれが可能だった。最終節まで残留の可能性を残すという目標を達成できたのは嬉しいが、今日の結果は悔しい。というのもそれだけ良いパフォーマンスを発揮できていたからだ。今日は運がなかった」

トビアス・ヴェルナー(アウクスブルクMF):
「今日の前半の我々は素晴しかった。もっと良い結果も残せたはずだ。だけど夢にまで見た(残留をかけた)最後の決戦には残ることができた。来週我々のアレーナは興奮ではちきれんばかりとなるだろう」