presented by
Menu
長期離脱

バドシュトゥーバー、またしても前十字靱帯断裂

昨年12月に行なわれたブンデスリーガ前季の対ボルシア・ドルトムント戦で右膝の前十字靱帯を断裂したドイツ代表DFのホルガー・バドシュトゥーバーが、リハビリ中に再び同じ右膝の前十字靱帯を断裂していたことが明らかになった。バドシュトゥーバーは、4月末からランニングを開始し、復帰を目指し厳しいリハビリメニューに取り組んでいた。

前十字靱帯を再断裂したバドシュトゥーバーは、来週中にもアメリカ、コロラド州のヴェイルで、リチャード・ステッドマン医師の下で再手術に臨む予定だ。バドシュトゥーバーの再手術についてスポーツディレクターのマティアス・ザマーはこう語った。
「当然ながら彼には焦らずゆっくりと回復してもらいたい。我々は何も心配していない。私はむしろこう確信している。彼なら一段とパワーアップして戻って来てくれると」