presented by
Menu
トラウマから夢の様なシーズンへ

ミュラー「優勝したいという意志はものすごく大きくなっている」

ファンとしてホームでの決勝戦を思い出したくはないだろう。カール・ハインツ・ルンメニゲが「残酷」と表現した1年前のチャンピオンズリーグ決勝。FCチェルシーを相手にPK先までもつれた末に敗れた。しかしこの敗戦が、チームにとっては今の成功の源となったともいえる。ルンメニゲは「前回の決勝戦に敗れたから、今シーズンはこれほどコンスタントに、高いクオリティを引き出せている」と決勝進出を果たした水曜日の夜に話した。

記録的な優勝を果たしたブンデスリーガ、ドイツカップ決勝進出、そしてチャンピオンズリーグ決勝に進出。トラウマから夢の様なシーズンへ。「昨シーズン僕らはあとちょっとのところまでせまった。そして今シーズン、さらに強くなって戻ってきた!本当のリアクションを見せた。最初から最後まで。選手全員が強烈に燃えている。準決勝の2試合を経て、僕らはそれを示した。ここで立ち止まりたくはない。優勝したいという意志はものすごく大きくなっている」とトーマス・ミュラーは試合後に話した。

ミュラーは1年前、決勝戦で先制ゴールをあげたが、最終的には相手チームがチャンピオンズリーグ優勝杯を持ち帰るのを見届けなければならなかった。「4年間で3度チャンピオンズリーグ決勝に駒を進めながら、まだ優勝杯を手にしていない気持ちをどう言えばいいのかわからない」とミュラー。

ミュラーのショートメールとジダンの髪型

1年前のミュンヘンでの決勝戦後、ミュラーはチームメートにショートメールを書いていた。「僕らは穴に落ち込んだようだった。だからみんなにショートメールを送ろうと思ったんだ。少しは力になったのかもしれない。僕はなんとしてもこの大会で優勝したいというのを伝えたかったんだ」と水曜日の午後、テレビで明かした。

ミュラーは今季チャンピオンズリーグでここまでチームトップの8ゴールをあげている。元フランス代表ジネディーヌ・ジダンが、ワールドカップ、ヨーロッパ選手権、チャンピオンズリーグ、クラブ世界選手権で優勝する前に、2度チャンピオンズリーグ決勝で敗れていた、という話を聞いたミュラーは、「それで優勝できるんなら、最後の手段として美容院にいってジダンの髪型にしてもらうよ」と話していた。