presented by
Menu
決勝戦に向け、更なるモチベーション

ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、FCBに応援歌を捧げる

ロンドンのウェンブリー・スタジアムでのチャンピオンズリーグ決勝戦まであと6日。数百万人を超えるサポーターが世界中からバイエルンにエールを送る中、地元ミュンヘンでは特別な《ファンクラブ》が狼煙を上げた ― ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団だ! 世界的に有名なマエストロ、ロリン・マゼールが指揮を執るなか、管弦楽団は13日(月)、FCバイエルンに捧げる応援歌を録音した。作詞を担当したのはトーマス・ベルクとマティアス・アンブロージウスの両名だ。

ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団と、トーマス・ベルクのミュンヘン・ミュージックマネージメント会社《Künstler Berg Werk》(「キュンストラ―・ベルク・ヴェルク」= 芸術家鉱山)は、5月25日(土)のチャンピオンズリーグ決勝戦では、すばらしい音楽でドイツマイスターのFCバイエルンを優勝へと導いてくれるはずだ。