presented by
Menu
ハインケス絶賛

リベリー、攻守に渡り輝きを放つ

フィリップ・ラームのクロスにフランク・リベリーが合わせた左足のボレーシュートはまさに芸術だった。18日(土)午後、人一倍輝きを放ったバイエルンの高速サイドアタッカーは、スーパーゴールでバイエルンに3-3の同点弾をもたらしただけでなく、90分間を通してグラットバッハの守備陣を翻弄し続けた。FCBの4-3での奇跡の逆転勝利の全得点に直接絡んでいた事実が、リベリーの活躍ぶりを物語っている。本サイトfcbayern.deのインタビューで、ハインケスはそんなリベリーを絶賛した。
「フランクはスーパーなシーズンをプレーしている。おそらく彼のキャリアでも最高のシーズンだろう。今日2ゴールを決めたのも、当然と言えば当然だ」
グラットバッハ戦で2アシストを記録したリベリーは、今季リーグ最多となる通算15アシストを決めている。

「フランクはさらにステップアップした。言うまでもないが、彼はワールドクラスの選手だよ」とバスティアン・シュヴァインシュタイガーも称賛した。ハインケスは、なかでもリベリーの守備面での活躍ぶりに注目してほしいという。フランス代表のリベリーは、今季「信じられないほどチームプレーを最優先」してきたというハインケスによれば、「それこそが今季一番彼が成長した部分」だそうだ。

リベリーは元々攻撃が売りの選手であることは言うまでもない。そんな彼がブンデスリーガでゴールを決めると、FCバイエルンは絶対に負けないというジンクスがある。具体的には彼が得点を決めた通算46試合で、バイエルンは44勝2分けだ。グラットバッハでは1-3とリードされ、難しい試合が予想されたにもかかわらず、リベリーのゴールで勢いづいたバイエルンは、またしても勝者としてフィールドを後にしたのであった。

リベリーが決めると絶対に負けない! 彼のゴールで2-3に迫り、後半8分に3-3の同点に追いついた時、チームメートもみなそう感じたに違いない。 高速サイドアタッカーのリベリーは、同点弾を実に謙虚にこう振り返った。
「ボールにうまくミートできた。僕にとってもチームにとっても良かったよ」
25日(土)にロンドンでのチャンピオンズリーグ決勝戦、その翌週の6月1日(土)にはベルリンでのドイツカップ決勝を残しているバイエルンにとっては、まさに大事な大金星を手繰り寄せたスーパーゴールであったことは言うまでもない。ハインケスもリベリーにはこの調子を維持してほしいとこう述べた。
「残り2つの決勝戦でも彼はキープレーヤーとなる」