presented by
Menu
記者会見

監査役会にて5名の取締役が決定

2013年5月6月(月)にミュンヘンで開かれたFCバイエルン株式会社(FC Bayern München AG)の監査役会では、以下の人事に関して決定が下された。

* 代表取締役社長であるカール=ハインツ・ルンメニゲ(57)との現契約(2014年1月1日まで)を3年延長し、2016年12月30日までとする

* 2014年6月30日までとなっているアンドレアス・ユング(51)との契約を2016年6月30日までに延長

* その他にも、2013年7月1日から、現在bwin 部長を務めるヨルク・ヴァッカー(45)氏を5人目の取締役会メンバーとして迎えることが決定。アンドレアス・ユングと共にFCバイエルンのマーケティング部門担当となる

これにより、FCバイエルン株式会社の取締役は2013年7月1日から、以下の5名によって構成されることとなった。

* カール=ハインツ・ルンメニゲ(代表取締役社長)
* ヤン=クリスティアン・ドレーゼン(財務部門担当)
* マティアス・ザマー(スポーツ部門担当)
* アンドレアス・ユング(マーケティング部門担当)
* ヨルク・ヴァッカー(国際戦略部門担当)

各役職の業務に関する詳細は、2013年6月初旬(DFBカップ後)の記者会見の席でFCバイエルン株式会社によって発表される予定となっている。

ウリ・ヘーネス会長