presented by
Menu
news

FCバイエルン・ミュンヘン株式会社による公式発表

FCバイエルン株式会社の監査役会は本日、ミュンヘンで一定周期で行われる会議において、ウリ・ヘーネスの税金問題がテーマとして話し合われました。

ウリ・ヘーネスは監査役会に、この問題を担当する役所が彼による自己申告の無罪判断を下すまで、監査役会会長の座を降りると提案しました。ウリ・ヘーネスは今回の会議の前に今件についての残念な気持ちを明かし、謝罪をしました。

FCバイエルンにとって、5月25日のチャンピオンズリーグ決勝と6月1日のドイツカップ決勝に向けて今は完全に集中するべきだという思いがあり、FCバイエルン・ミュンヘン株式会社監査役会は密度の濃いディスカッションを行った結果、ウリ・ヘーネスがFCバイエルン・ミュンヘン株式会社の監査役会会長にとどまるべきだという決断を下しました。

監査役会は今後も今件を観察し、新事実が浮かび上がった際には改めてこのテーマを取り扱うことになります。

マルクス・ヘアビック
メディア・コミニュケーションダイレクター