presented by
Menu
「全ての想像を絶する」

17万人のサポーターが「スーパーバイエルン」を称える

マイスターに輝いたバイエルンのパレードは、選手たちを一目見ようと集まった15万人ものサポーターに囲まれ、目的地のマリーエン広場までなかなか進むことができなかった。広場ではさらに2万人程のサポーターが誕生したばかりの新ドイツマイスターの登場を待ちかまえており、午後9時頃に彼らが市庁舎のテラスに姿を現すと、異常なほどまでの盛り上がりを見せた。
「この盛り上がりようを見れば、皆さんが餓死寸前だったのがわかる。ここに来るのはきっと10年ぶりぐらいに感じているに違いない」とユップ・ハイネケスはサポーターに語りかけ、こう約束した。
「25日には、我々全員の夢を叶えられるよう全力を尽くすことを誓う」

キャプテンのフィリップ・ラームもまた、チャンピオンズリーグの決勝戦についてこう述べた。
「これで終わりではない。あと2つタイトルを取る!」
ハヴィ・マルティネスはテラスで行なわれたFCB.tvの特別インタビューでこう語った。
「我々はドイツマイスターに輝いた、そして2週間後には再びここに戻ってくる!」
言うまでもなく、その時はさらなるタイトルをファンと共に分かち合うためにだ。

あれほど素晴しいマイスター祝賀会、ぜひとももう一度見てみたいものだ! シュヴァインシュタイガーも「ワンダフル」と絶賛したミュンヘンの中心地を通るパレードは、天気にも恵まれ、空いっぱいに広がっていた雲に裂け目ができ、前日から降り続いた雨がピタリとやみ、マリーエン広場では数えきれないほどのバイエルンの旗が、紅白の海をウェーブで覆い尽くした。
「これだけの人々が集まってくれて夢のようだ。センセーショナルだ」とラームは喜び、ファンにこう発表した。
「シャーレはミュンヘンに戻ってきたぞ! シャーレのあるべき場所に!」

ファンの大歓声と共に、選手たちはスタジアムアナウンサーのシュテファン・レーマンに順に名を呼ばれてテラスに姿を現した。初めてマイスターに輝いたマヌエル・ノイアーはそのときを「偉大な瞬間」だったと話している。ミュンヘンの選手たちはマイスターシャーレを掲げ、飛び跳ねながら大声で歌い喜びを爆発させ、オランダとフランスが生んだ両サイドウィンガーのアリエン・ロッベンとフランク・リベリーは、今一度挟み撃ちでスポーツディレクターのマティアス・ザマーに白ビールをかけ、花を飾った。