presented by
Menu
バスでパレード、市庁舎テラスへ

FCバイエルン、ファンと再びお祝い

今季はFCバイエルンにとって記録尽くめのシーズンとなった。リーグ戦最速優勝、最高勝ち点記録、最少失点記録、最多勝利数等々、新記録のリストは延々と続く。そのFCバイエルンは25日(土)、チャンピオンズリーグ決勝戦でボルシア・ドルトムントを2-1で下し、信じられないシーズンをさらなるタイトルで飾った。

この記録尽くめのシーズンへの喜びを今一度ファンと分かち合おうと、ユップ・ハインケス監督率いるFCバイエルンは、ベルリンでのポカール決勝戦の翌日の2日(日)、2階建てオープンバスでミュンヘン市内をパレードして回る予定だ。

パレードは、ミュンへナー・フライハイト駅を午後2時半に出発、ルートヴィク通り、ディーナー通り、ラントシャフト通りを通って最終目的地のマリーエン広場に移動、そこで選手たちはクリスティアン・ウーデ市長とともに午後4時頃に市庁舎テラスから挨拶をする。

マリーエン広場にはDJブースが設置され、午後3時頃より様々なイベントが開催される。