presented by
Menu
チャリティーマッチ

バイエルン州洪水被害復興のために

 困っている人がいたら、そのためにバイエルンは一つになって助け合う。バイエルン州知事ホルスト・ゼーホーファーとFCバイエルン代表取締役カール・ハインツ・ルンメニゲは、現在バイエルン州で起こっている洪水被害復興を支援するチェリティーマッチを行うことで合意した。

 「我々は皆さんから数えきれないほどのサポートと支持を受けてきた。洪水被害を目の当たりにして、何かお返しをしたいと考え、洪水復興チャリティーマッチを行うことにした」とルンメニゲは説明した。

 FCバイエルンは近いうちに無償で洪水被害の出ているパッサウで地域選抜と試合を行う。収益の全ては復興資金として寄付される。州知事のホルスト・ゼーホーファーはバイエルン・ミュンヘンの心遣いに「サッカー界で世界を牽引するクラブが人々のために自発的に行動を起こしてくれた。FCバイエルンの首脳陣とチームの皆さんに感謝する」と話していた。