presented by
Menu
ドイツカップ得点王

今シーズンラストマッチで2ゴール

 長いシーズンのラストマッチでスタンディングオベーションが見られた。ドイツ・カップ決勝で62分にマリオ・ゴメスがピッチから去るときに、会場の観衆が暖かく迎えた。ゴメスは起用してくれた監督ときつく抱擁した。

 試合前に監督のユップ・ハインケスは「うまくいきそうな感じがした」とゴメスのスタメン起用の理由を明かした。さらに「マリオ・ゴメスはシュツットガルト戦でのゴール決定率が高いから、という理由だけではない。シュツットガルトは古巣チームでもあり、また彼はこの数週間いい練習をしていた」と説明。

 監督の期待にゴメスは2ゴールの活躍で応えた。3:2(1:0)でシュツットガルトを下したバイエルンは、見事3冠を達成した。ゴメスはこの日の2ゴールで非公式ながらドイツカップ得点王となった。

 今シーズンのゴメスはドイツカップで6ゴールをマーク。準決勝のVfLヴォルフスブルク戦では9分間でハットトリックの離れ業も見せた。今シーズンのドイツカップでの1ゴールあたりにかかった出場時間はわずか12分間!

 ドイツカップでのゴメスの戦績は素晴らしい。ドイツカップ通算29試合で25ゴール4アシストを挙げている。バイエルン選手ではクラウディオ・ピサーロが26ゴールでトップ。またゴメスは古巣クラブ・シュツットガルトとの相性がいい。これまで公式戦9試合で11ゴールをマークしている。