presented by
Menu
3冠の英雄が戻る

”贈り物”ロッベン:「誇りに思う」

 アリエン・ロッベンが戻ってきた!土曜日の夜、バイエルン3冠に大きく貢献した英雄はガルーダ湖で合宿中のチームに合流した。茶色く日焼けし、しっかりと休息をとったロッベンは「家族との時間を楽しんで、ただリラックスしてきた」と fcbayern.deのインタビューに答えていた。

 日曜日、初めて新監督ペップ・グアルディオラのもとで練習する。「彼は偉大な監督で、積極的に練習に絡んで、選手とたくさん会話をすると聞いている。すごくどきどきしている」と楽しみにしていた。ロッベンのことを「贈り物」と称していたペップにとってもそれは同じだろう。ロッベンは「素晴らしい褒め言葉だし、誇りに思う」と話していた。


アリエン・ロッベン インタビュー:

fcbayern.de:アリエン、お帰りなさい。休暇はどうだった?
アリエン・ロッベン:とてもよかったよ。 家族との時間を楽しんで、ただリラックスしてきた。シーズン後にはそうした時間も必要なんだ。

fcbayern.de:今でも優勝皿や優勝杯の夢はよく見る?
アリエン・ロッベン:ああ、もちろんだよ!いつもそうした話になる。でも全部を本当に現実のものとはまだできていないんだ。もう数か月かかるのかもね。僕らが達成したことは永遠に残るものだ。これ以上ない最高のものだった。

fcbayern.de:君は昨シーズン、大事な試合でいつもキーポイントになっていた。CL決勝でも決勝ゴールを決めた。どうやってあの調子を手にした?
アリエン・ロッベン:前半戦はそこまでうまくいっていなかった。でも少しずつ調子を取り戻していけたんだ。体がついてきてくれてうれしかった。コンディションさえ取り戻せばいいプレーができるのはわかっていた。最後にうまくいったのは、僕がハードに取り組んできたことへのご褒美だったのかもしれないね。

fcbayern.de:そんな昨シーズンが終わったばかりだけど、新シーズンに向けてもう準備が始まっている。
アリエン・ロッベン:正直に言ってる?僕はもうすごく楽しみだよ。このチームと新しい監督がね。準備期間は間違いなくハードなものだとしてもね。

fcbayern.de:ボルシア・ドルトムントとのスーパーカップまで3週間しか時間がない。コンディションをあげるのに充分?
アリエン・ロッベン:それは毎年同じだよ。3週間だったり、4週間だったり。ブンデスリーガ開幕までは5週間あるよ。それだけあれば充分。それより大事だったのは、休暇中にしっかりと休むことができたということ。準備はできているよ。

fcbayern.de:ペップ・グアルディオラはとても大きな関心を集めている。何か聞いている?
アリエン・ロッベン:特に多くは。休暇中でも常にインターネットで情報を収集するタイプじゃないからね。家族の時間だったから。でももちろんチームメートにショートメールを送ったりはした。みんなとてもポジティブな返事をしてきた。

fcbayern.de:じゃあ、ペップ・グアルディオラがこの前の記者会見で君のことを”贈り物”と称したのは知らない?
アリエン・ロッベン:いや、もちろんそれは知っているよ。記者会見が終わった後、僕の携帯は毎分鳴っている状態だった。

fcbayern.de:そのことについては?
アリエン・ロッベン:素晴らしい褒め言葉で誇りに思う。彼との時間を楽しみにしてる。 彼は偉大な監督で、積極的に練習に絡んで、選手とたくさん会話をすると聞いている。すごくどきどきしている。