presented by
Menu
チアゴインタビュー

「大きなやる気を持って、この冒険に挑戦する」

 スペイン代表チアゴ・アルカンタラは、15日16時20分にバルセロナからミュンヘン空港へ降り立った。街中に移動したチアゴは、fcbayern.deFCB.tvの歓迎を受け、バイエルン選手として最初のインタビューに応じた。「人生に、ただ幸せでいられる一日があるとしたら、それは今日という日だろうね」と移籍について語った。

チアゴ インタビュー

fcbayern.de:チアゴ、ミュンヘンへようこそ。FCバイエルンをどのくらい楽しみにしている?
チアゴ:すごく楽しみにしている。とても幸せだよ。 人生に、ただ幸せでいられる一日があるとしたら、それは今日という日だろうね。FCバイエルンのようなクラブに移籍できて本当に嬉しいんだ。

fcbayern.de:移籍を決断した理由は?
チアゴ:まず、長い間世界最高クラブの一つというこのクラブが持つ歴史だよね。それにすごくいいサッカーをしている。ペップ・グアルディオラが監督だというのも一押しになったとも思う。

fcbayern.de:グアルディオラ監督の話が出たけど、今回の移籍でどういう役割を彼は果たしていた?
チアゴ:僕はずっと前からよく知っている。彼は僕のことを信頼してくれている監督なんだ。僕は彼のサッカーのファンなんだ。彼のような才能を持った監督は世界中でもほんのすこししかいない。僕がミュンヘンに移籍した大事な理由だった。

fcbayern.de:新しい国に来るのは挑戦?ハヴィ・マルティネスとコンタクトはとっていた?
チアゴ:彼とは少し話ができたし、僕にいいことばかり話してくれた。ミュンヘンはスペクタクルな街で素晴らしい場所で、サッカーにすごい熱狂的だって。大きなやる気を持って、僕はこの冒険に挑戦するよ。たくさん出場できて、昨シーズンのタイトルをまた取れることを祈っている。