presented by
Menu
契約は4年間

バイエルン、チアゴ・アルカンタラを獲得

 FCバイエルン・ミュンヘンとFCバルセロナは、7月14日にチアゴ・アルカンタラの移籍で合意に達した。チアゴは数日中にミュンヘンに入り、メディカルチェックを受け、その後2017年6月30日までの契約書にサインをする。

 移籍金は2500万ユーロだが、バイエルンが純粋に支払うのは2000万ユーロ。残りの一部は両チーム間で行われる親善試合の収益で支払われ、さらにチアゴ自身が給料の受け取りを諦めたことで折り合いがついた。

 「チアゴ・アルカンタラ獲得は、我々の新監督ペップ・グアルディオラの大きな望みだった」と代表取締役カール・ハインツ・ルンメニゲは説明し、「この大きな移籍を成功させることができて嬉しい。チアゴはU21欧州選手権でベストプレーヤーに選ばれたばかりだ。ものすごいポテンシャルを持ったファンタスティックな選手」と評価していた。