presented by
Menu
理事会に新メンバー

ヨルク・ヴァッカー、FCバイエルンへようこそ

7月1日(月)より、FCバイエルンの理事会に新たなメンバーが加わった。国際化および戦略部門を担当するヨルク・ヴァッカーだ。本日午前、カール=ハインツ・ルンメニゲとウリ・ヘーネス会長に正式に紹介されたヴァッカーは、代表取締役のルンメニゲ、ヤン=クリスティアン・ドレーゼン、マティアス・ザマー、アンドレアス・ユングに次ぐ5人目の理事となる。

スポーツジャーナリストとしてキャリアをスタートさせた45歳のヴァッカーは、有限会社Sport1の代表取締役を経て、最近ではオンラインベッティングサイト《bwinジャーマニー》のディレクターを7年務めると同時に、有限会社SportCASAの代表取締役も兼任していたが、今回バイエルンの理事会にも加わった。