presented by
Menu
ホームゲーム!

FCB、ポカール2回戦の相手はハノーファー96

FCバイエルンは、5日(月)に行われたDFBポカール(ドイツカップ)一回戦を堂々と勝ち抜いた(BSV SWレーデンに対し5-0)。10日(土)、有料チャンネル《Sky》のサッカー番組《Samstag LIVE!》(「土曜ライブ」)のスタジオで、スペシャルゲストとして先日欧州制覇を成し遂げたドイツ女子サッカー代表のレナ・ゲースリングを招き、オリヴァー・ビアホフが進行役を務めながら、ポカール2回戦の抽選会が行われた。

2回戦は9月24日もしくは25日のいずれかに行われる予定だが、バイエルンはその10日あるいは11日前に、リーグ戦でも同じハノーファーとミュンヘンで対戦することが決まっている。DFBポカール一回戦を突破したのは、ブンデスリーガ1部の14チーム、2部の13チーム、3部の4チーム、そして4部で唯一勝ち残ったSCヴィーデンブリュック2000の合計32チームである。

ホームでのハノーファー戦ではめっぽう強いFCB

FCバイエルンは、DFBポカールではこれまでに2度ハノーファーと顔を合わせている。最後に対戦したのは2002/03年シーズンの同じく2回戦で、ポカール最多優勝数を誇るバイエルンは、当時のホームスタジアム、オリンピアシュターディオンにハノーファーを迎え、ハサン・サリハミジッチとロケ・サンタクルスのゴールにより2-1で接戦をものにした。両者がはじめてカップ戦で対峙したのは、1974年に遡る。当時は準決勝進出をかけて熱い戦いが繰り広げられたが、最後はバイエルンがゲルト・ミュラーのハットトリックで3-2と勝ち進んでいる。

ブンデスリーガの統計データを調べると、バイエルンはホームでのハノーファー戦ではめっぽう強いことがわかる。これまでFCBがミュンヘンのホームでのハノーファー戦を落としたのは、わずかに1度(2006年11月8日、0-1)だけ。これまでの通算対戦数は24(21勝2引き分け)、その勝率は大したものだ。特にバイエルンはホームでの最近6試合を全てものにしており、得失点差も25得点に対し2失点とハノーファーを圧倒している。昨シーズンのホーム戦は、FCBが5-0で快勝した。