presented by
Menu
再選

ルンメニゲ、ECA会長に再任

10日(火)、カール=ハインツ・ルンメニゲは、スイスのジュヴェーブで行われた欧州クラブ協会ECA(European Clubs Association)の総会で会長に再任されることになった。ルンメニゲが欧州53カ国の214のクラブで構成されるECAの会長に選ばれたのは 、今回で2008年以来5回目となる。

ECAの副会長には、再びACミランの幹部を務めるウンベルト・ガンディーニが当選した。二人目の副会長を務めるのは、今年もFCバルセロナのサンドロ・ロセル会長、また三人目の副会長には、これまでのベルギーのRSCアンデルレヒトのミシェル・フェルシューレンに代わり、新しくバイエルンとチャンピオンズリーググループステージで対戦するCSKAモスクワのイェフゲニ・ギネル会長が選ばれた。