presented by
Menu
ポートレート

対戦相手プルゼニュ情報

FCバイエルンミュンヘン対FCヴィクトリア・プルゼニュ、この2枚の対戦カードが水曜日の夜、アリアンツ・アレーナで相対する。昨今のチェコリーグ覇者として君臨する同チームは、CLグループステージのこれまでの戦いで苦戦を強いられ、未だ勝点0の状況が続く。さらに詳しい対戦相手の情報をfcbayern.deが紹介した。

歴史:

チェコリーグ暫定王者のプルゼニュは、1911年「SKヴィクトリア・プルゼニュ」として設立され、度重なるチーム名変更を経て、1992年最終的に「FCヴィクトリア・プルゼニュ」と名付けられた。同チームは、首都プラハから南西方向に100km程離れた西ボヘミア地方のプルゼニュという町に拠点を構える。

獲得タイトル:

1931年にクラブ史上初となる、チェコスロバキア(当時)のトップリーグへの昇格を果たすが、そこからまさにエレベーターチームという名が相応しいような、昇格と降格を繰り返す時代が訪れる。しかし、ここ数年で目覚しい成長を見せたプルゼニュは2011年、ガンブリヌスリーガ(チェコリーグ1部)で優勝を果たし、2013年には二度目栄光に輝いた。

スタジアム:

プルゼニュは少し小さめのサイズではあるが、非常に奇麗なスタジアムを所有している。観客動員総数は11,700人と小規模なため、11月5日にFCバイエルンと対戦にアウェイファン用に用意されるチケット数が、本来よりも1,000枚少なく販売される予定だ。2011年時はホームスタジアムが建設中だったため、プラハのスタジアムを借りて試合が行われた。