presented by
Menu
プルゼニュ戦を振り返る

指揮官「満足しているよ」

5得点、コンビネーションからチャンスを量産。プルゼニュ戦の試合終了後、観客はスタンディングオーベーションで勝利を讃えた。ペップ・グアルディオラ監督は「満足している。良いプレーをしていた」とコメント。2週間後に控えるプルゼニュとの再戦で、さらに決勝トーナメント進出への可能性を確実なものにするだろ。トニー・クロースも「3ゴール奪ってからも楽しんでプレーすることができた。そろそろ、決勝トーナメントを視野に入れてもいい頃かもしれない」とインタビューで述べている。

コメント:

ウリ・へーネス:このチームはここ数週間で完璧な状態に仕上がりつつある。今日も成長を感じることができた。

ペップ・グアルディオラ:良いプレーをしていた。満足しているよ。勝点9を獲得しグループではかなりいい位置にいると思う。2週間後にまたプルゼニュと対戦するが、そこで勝利すれば決勝トーナメント進出に向けて大きな一歩となる。

アリエン・ロッベン:僕たちはいいプレーをしていたが、プルゼニュは僕らを苦しめることはできなかった。これからはもっと強敵が現れるだろう。

トニー・クロース:僕たちは完全に試合を支配していたけど、プルゼニュ戦で自分たちの実力を測ることはできない。3ゴール奪ってからも楽しんでプレーすることができたよ。そろそろ、決勝トーナメントを視野に入れてもいい頃かもしれない。

パヴェル・ヴルバ(プルゼニュ監督):我々は今日世界トップレベルのクラブチームと対戦した。非常に難しい試合だったし、正直落胆は隠せない。センターラインすら越えることができず、ボールをキープすることもまったくできなかった。