presented by
Menu
インサイド

クロース、ロッベン、チアゴ、ダンテがランニング再開

月曜日の午前中、約1,500人ものファンが訪れたFCバイエルンの公開練習でトニー・クロースとアリエン・ロッベンが、フィットネスコーチのアンドレアス・コンマイアーと共にピッチに現れた。両選手は共に、土曜日に行われたヘルタBSC戦で内転筋を痛め途中交代でピッチを去っていたが、今日は練習場で軽いランニングをこなしていた。足首を負傷していたダンテもリハビリコーチのトーマス・ヴィルヘルミとランニングをこなし、さらに軽くボールを使った練習も行った。今夏新加入したチアゴも靭帯損傷を患っていたが、30分程森の中でのランニングをこなし、リハビリトレーニングは順調に進んでいる様子。

プルゼニュ、首位を奪われる

バイエルンを相手に0-5の大敗を喫してから4日後、ヴィクトリア・プルゼニュはさらにチェコリーグでFKテプリツェに0-1で敗北。この結果によりプルゼニュはテプリツェに首位を譲り、リーグ戦2位に順位を落とした。テプリツェの二ヴァルドが72分に決勝ゴールを挙げている。