presented by
Menu
インサイド

先頭に立つラームとシュヴァインシュタイガー

ワールドカップ予選もいよいよ大詰めとなり、ドイツ代表を待ち受けるのはアイルランドとスウェーデン。その大事な連戦を前に、フィリップ・ラームとバスティアン・シュヴァインシュタイガーがドイツ代表メンバーの指揮を取る。実は、アイルランド戦でシュヴァインシュタイガーはちょうど代表公式戦出場99試合目を迎え、現役プレーヤーの中で二番目に多い数字となる。一番はキャプテンであるラームで、101試合という数字を記録している。ただし、シュヴァインシュタイガーは現在、代表で合計23ゴールを挙げ得点数ではトップ。あと1ゴールで歴代選手を含めた得点ランキング上位20に名を連ねることになる。

イエローカードを恐れるラーム

アイルランド戦を前に、ドイツ代表は既に3人の選手が警告を受けているため、もしこの試合で再び警告を受けるようなことがあれば、スウェーデン戦での出場停止処分者が続出する可能性がある。バイエルンの主将ラームもそのうちの一人で、万が一イエローカードをもらうことがあれば、最終戦はピッチの外で見守ることになる。

DFBポカールでのダービー、対戦時刻が決定

ベスト4進出をかけたDFBポカールのアウグスブルク対暫定王者FCバイエルンの一戦が12月4日水曜日に行われることが決定した。同じバイエルン州の南部地域に位置するアウグスブルクとバイエルンミュンヘンの試合は、アウグスブルクのホームSGLアレーナでの対決となる。現地時間の20:30にキックオフ予定。