presented by
Menu
プレスリリース

シュヴァインシュタイガーの手術について

すでに11月8日にも発表したとおり、バスティアン・シュヴァインシュタイガー(29)が再び右距腱関節の手術を受けることとなった。手術は近日中に行われる予定で、復帰時期については術後に発表される。

このため、現在出回っているシュヴァインシュタイガーの健康状態に関する情報は、決して真実に基づいたものではない。

バイエルン・ミュンヘンのチームドクター、ハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォルファールト医師は、「先週末から報道陣によってシュヴァインシュタイガーの容態について激しい議論が交わされているが、これらはまったく根拠のないもので、内容も不適切だ」とコメント。

また、シュヴァインシュタイガー本人の同意を得た上でミュラー=ヴォルファールト医師はまた、「今回の怪我は関節外を傷めたもので、距腱関節自体には影響はない。このため、楽観視することができる。2014年にはまたフィールド上で活躍する姿を見られるだろう」とも話している。