presented by
Menu
ワールドカップに向けたテストマッチ

ダンテとマルティネス、ゴール、キャプテンマーク、勝利

16日(土)、2名のバイエルンがそれぞれの国の代表チームで国際Aマッチに臨んだ。結果は2勝、1ゴール、そしてキャプテンマークの栄光だ。

ダンテ、完璧なゲーム

マイアミでは、71,124名の大観衆の目の前で、ワールドカップのホスト国ブラジルと、すでに本戦行きを決めているホンジュラスが対戦した。試合はダンテを含むセレソンが5-0(前半1-0)と圧勝、ダンテも1ゴールを決める活躍を見せた。ダンテのゴールが決まったのは後半10分、フリーキック後の混戦状態でいち早くボールに反応しブラジルに2点目をもたらした。彼自身にとってはこれが代表2ゴール目となった。

ブラジルは、前半ベルナルド(前半22分)のゴールで先制。ダンテが追加点を奪うと、マイコン(後半21分)、ウィリアム(後半25分)、ハルク(後半29分)と、次から次へと得点を重ねていった。ダンテは、この日90分フル出場しただけでなく、同じくセンターバックでプレーしたダヴィド・ルイスの交代後(後半27分)は、キャプテンマークを託された。

マルティネスも勝利

ハヴィ・マルティネスを擁するスペイン代表は、赤道ギニアでのテストマッチを2−1(前半2-1)で制した。現世界チャンピオンのスペインのゴールを決めたのは、サンティ・カソルラ(前半14分)とフアンフラン(前半42分)。赤道ギニアは、途中ジミー・ベルムデス(前半37分)のゴールでいったんは同点に追いつくも、世界王者相手に大金星をあげるにはいたらならなかった。ハヴィ・マルティネスは、センターバックとして先発、後半35分に途中交代した。