presented by
Menu
インサイド

木曜日の特別練習

本日木曜ミュンヘンは晴天、11月とは思えない暖かさのなか、バイエルンの選手たちはさぞやオフを満喫しているに違いない ― と思いきや、レコルトマイスターのフィジカルコーチもトレーナーも大忙し。フィールドでは、ロレンツォ・ブエナヴェントゥラがアリエン・ロッベン、ハヴィ・マルティネス、ミッチェル・ヴァイザーを引き連れてコンディショニングを行い、ジムではアンドレアス・コルンマイヤーの指揮下でトム・シュタルケとヤン・キルヒホフが汗をかき、回復途上のティアゴ、クラウディオ・ピサーロ、シェルダン・シャキリは、パフォーマンスセンターでトーマス・ヴィルヘルミに与えられたリハビリメニューに励んでいた。

リベリー、フランス代表に招集、ファン・ボイテンはベルギーへ

さらに本日木曜には2名のバイエルン選手が予想通り代表招集を受けた。フランク・リベリーは、フランス代表としてワールドカップ出場をかけてウクライナとのプレーオフを戦うことになる(11月15日にキエフで初戦、19日にパリで2戦目を行う)。ベルギー代表のダニエル・ファン・ボイテンは、コロンビアと日本との親善試合(14日、19日いずれもブリュッセルで開催)のメンバーに選出された。