presented by
Menu
肋骨にヒビ

FCB、ドルトムント戦はリベリー抜き

今週末、ブンデスリーガでは1位のFCバイエルンが2位のボルシア・ドルトムントと対戦する。この23日(土)の大一番で、FCBはフランク・リベリー抜きでの戦いを余儀なくされた。欧州最優秀選手のリベリーは、19日(火)夜、ワールドカップ出場をかけたウクライナとのプレーオフ(3-0でフランスが勝利)で、第10肋骨にヒビが入った模様。今週土曜のドルトムント戦を欠場するリベリーは、27日(水)にCSKAモスクワと対するモスクワでのチャンピオンズリーグ戦への出場も微妙となった。

「もちろん、ドルトムントでの大一番を楽しみにしていただけに、もの凄く残念だ。でもチームは、私がいなくてもこの試合をものにしてくれると確信している」と、リベリーはドルトムントで行われるビッグマッチを前に寂しげに語った。FCBは、リベリーのほかにもバスティアン・シュヴァインシュタイガー、クラウディオ・ピサーロ、シェルダン・シャキリ、そしてホルガー・バドシュトゥーバーを、ケガで欠くことになる。