presented by
Menu
試合後コメント

「パーフェクトな結果」

FCバイエルンは2013年の5冠目を達成した。FIFAクラブワールドカップを制した選手たちの喜びは大きいものだった。トーマス・ミュラーは「今年を締めくくるのにパーフェクトな結果。エクセレントだった1年へのご褒美」と語り、キャプテンのフィリップ・ラームは「最高の1年の最後にまたこうしたタイトルが取れるなんて。信じられないよ!」と喜んだ。

試合後コメント

ペップ・グアルディオラ:1年間に5タイトルとは、FCバイエルンにとって素晴らしい成功だ。クラブのためにとても嬉しいし、選手・ファンを誇りに思う。2週間の休暇をとったら、次の挑戦に立ち向かうための戦いが始まる。タイトル獲得はうれしいが、既に将来を見据えている。タイトルを勝ち取るには全力でプレーしなければならないことを選手たちはよく分かっていた。25分間良いプレーが出来た。その後はそこまでのパワーが見られず、チャンスを作りだせなかった。

フィリップ・ラーム:最高の1年の最後にまたこうしたタイトルが取れるなんて。信じられないよ!今日は自分たちでプレーを難しくしてしまった。良かったのは集中して試合に入ってすぐに点がとれたこと。その後は少し気が抜けたのも合ったかもしれない。前半35分までであそこまで相手を圧倒したら、僕らにとっても集中し続けるのは簡単ではなかった。後半はもっと良いプレーをしたかった。

トーマス・ミュラー:相手は全力で立ち向かってきたし、簡単なものではなかった。もう1-2点を決めたかったが、カサブランカも後半は簡単にプレーさせてくれなかった。2-0で勝った。それが大事だ。クラブのワールドチャンピオンになれてうれしい。 今年を締めくくるのにパーフェクトな結果。エクセレントだった1年へのご褒美だねこれでゆっくりと休暇に行ける。

マヌエル・ノイアー:休暇が楽しみだよ。トルフィーを手にするのは意味があること。特別なものだよ。