presented by
Menu
ブレーメン戦後コメント

「信じられない強さだ」

なんいう試合だろう!なんと素晴らしいパフォーマンスだろう!土曜日の行われたヴェルダー・ブレーメン戦を7:0と圧倒的な勝利。「今日はこのチームの監督であることを名誉に思った。みんなに心からありがとうと言わなければ」とペップ・グアルディオラもチームの出来を褒めた。会長のウリ・ヘーネスも「信じられない強さだ。バイエルンファンとして、会長としてとても満喫している」と賛辞を送っていた。

ブレーメン戦後コメント

ウリ・ヘーネス:我々のチームは完全に自分たちでやりたいことができているのとブレーメンが降格争いを避けるために下を見ているのが今日の試合を通して見て取れた。我々のチームは信じられない強さを持っている。先制点でエンジンがさらに掛かりだす。 バイエルンファンとして、会長としてとても満喫している。

ペップ・グアルディオラ: みんなに心からありがとうと言わなければ。素晴らしい試合をしてくれた。今日はこのチームの監督であることを名誉に思った。しかしブレーメンは本来ならばもっと良いプレーができることは分かっている。

フランク・リベリー:みんな喜んでいるよ。この調子でやっていかないと。このチームにはスーパーなメンタリティがある。プレーしていて楽しい。

ロビン・ドゥット(ブレーメン監督):今日の敗戦にはもちろんショックを受けている。しかしそれでも現実から放り出されたわけではない。大事なのは次の試合にむけて集中していくことだ。

 クレメンス・フリッツ(ブレーメンキャプテン):完全にやられた。謝罪の余地もない。ここからリアクションを示して、立ち上がっていかないと。