presented by
Menu
インサイド

ラームがランニング

アイントラハト・ブラウンシュバイク戦を2:0で勝利した翌日、好天のトレーニングセンターには多くのファンが詰めかけた。ピッチ上では前日の試合に出場しなかったか、あるいは短い出場時間だった選手が汗を流していた。チャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦で太ももの筋肉損傷を負っていたキャプテンのフィリップ・ラームはランニングを行った。またフランク・リベリー(肋骨のひび)、クラウディオ・ピサーロ、ジェルダン・シャキリ(共に内転筋)も別メニューで復帰に向けて各自トレーニングに勤しんでいた。