presented by
Menu
チャンピオンズリーグ組み合わせ抽選会

決勝トーナメント一回戦は再びアーセナル・ロンドンと

次の対戦相手はアーセナル・ロンドン! FCバイエルンは、昨年度に続き、今年も決勝トーナメント1回戦でイングランドの強豪アーセナル・ロンドンと対戦することが本日月曜正午、スイス、ニヨンにあるUEFAの本拠地で決まった。三冠王のFCBに強敵アーセナルを引き当てたのは、決勝が行われるリスボン(ポルトガル)の親善大使であるルイス・フィーゴだった。

「もう少しやり易い、簡単な対戦相手も抽選ポットに入っていたが、後の祭りだ 」と役員のアンドレアス・ユングと共に抽選会場に足を運んだカール=ハインツ・ルンメニゲは述べこう続けた。
「この対戦相手には敬意を示して臨まなければならない。2試合とも良いプレーが求められる」

昨シーズンFCバイエルンは、アウェイゴール・ルールにより決勝トーナメント1回戦を勝ち抜いた。ロンドンでのファーストレグを3-1で制したFCBは、ミュンヘンでのセカンドレグでは2-0で敗れている。統計データを比べると、ドイツのレコルトマイスターは、プレミアリーグで現在首位につけているアーセナルを相手に3勝2敗1分けとかろうじて勝ち越しているのがわかる。

初戦は2月、2戦目は3月に

クラブワールドカップの準決勝を戦うべくチームメートと共にモロッコのアガディールに来ているジェローム・ボアテングは「一番難しい相手を引き当てた」と語り、「昨年のこともあるし、(アーセナルは)最大のモチベーションで挑んでくるだろう。とてもキツい2試合になる」と予想する。

アーセナルは、グループステージでは勝ち点で首位のボルシア・ドルトムントと並んだが、得失点差の関係で2位通過。日本でもおなじみのアルセーヌ・ヴェンゲル監督(元名古屋グランパス)のチームには、メズト・エジル、ペア・メルテスアッカー、そして元バイエルンのルーカス・ポドルスキーと3名のドイツ人がプレーしている。

決勝トーナメント1回戦ファーストレグは、ロンドンで行われ(2月18日・19日もしくは25日・26日のいずれか)、ミュンヘンのアリアンツ・アレーナで開催されるセカンドレグで勝者が決まる(3月11日・12日もしくは18日・19日のいずれか)。