presented by
Menu
試合後のコメント

「負けていい試合などない」

2-3で敗北。しかしグループリーグ首位でのCL決勝トーナメント進出には変わりない。バイエルンの選手たちは、マンチェスターシティ戦を終えてやや複雑な心境だったようだ。指揮官グアルディオラも「負けていい試合などない」と述べながらもポジティブな面もあったことを指摘。ミュラーは、「最終的にグループ首位で通過できたことに満足しなければならない」とコメントしている。

試合後のコメント:

ペップ・グアルディオラ:マンチェスターシティを祝福する。だが、グループを首位で突破した自分の選手たちにも同様に賛辞を述べたい。負けていい試合などないが、ブンデスリーガやヨーロッパでの試合に勝利することがどんなに難しいかを実感するためにも、このクラブチーム、監督、そして選手たちが負けを経験することは必要かもしれない。我々は素晴らしいチームだ。だが、他のチームにも良い選手や良い監督がいるのだから負けることもある。

フィリップ・ラーム:今日のできよりももっといいプレーをしなければならない。ただ、負けても予選敗退したわけではないので良かった。

トーマス・ミュラー:後半戦は自分たちらしくなかったが、最終的にグループ首位で通過できたことに満足しなければならない。

マヌエル・ペレグリーニ(マンチェスターシティ監督):ここで勝利することは我々にとって非常に重要なことだった。特に、0-2の展開からひっくり返したことはとても大きな自信になる。チームの勝利は本当に嬉しい。