presented by
Menu
「トップレベルの環境」

カタール合宿スタート

5日8時にミュンヘン空港を出発し、5時間15分の飛行を経て、ドーハに到着。現地時間18時30分から、今年初めてとなる練習が行われた。

スポーツディレクターのマティアスザマーが「トップレベルの環境」と絶賛する合宿地で、選手たちは75分間の練習で汗を流した。足首のオペから復帰を目指すバスティアン・シュヴァインシュタイガーはリハビリコーチのトーマス・ヴィルヘルミとジョギングを行った。

アリエン・ロッベンもフレディ・ビンダーとともに早期復帰に向けて個別練習に取り組んだ。ホルガ―・バドシュトゥーバーは自転車と水中ジョギングのリハビリメニューをこなした。