presented by
Menu
ドーハでプレゼンテーション

ヘンケルがバイエルンの新スポンサー

1月7日(火)、FCBが新たなスポンサーとしてヘンケル・ビューティーケアを発表。ヘンケル商品でスタイリングをするためにバイエルンの選手一人がほとんど服を着ずにPRを行った。

「ヘンケルはFCバイエルンに良く見合った、広範囲に及んで非常に高品質な商品を提供している」とコメントしたのはヘンケル【Henkel Beauty Care】代表取締役のシュテフェン・リュプケ。最初に紹介されたのは2年間に及ぶパートナーシップ。しかし、「このパートナーシップが長くなることを願っている」と同代表。

ヘンケルはドイツのボディケアとコスメティック業界のマーケットリーダーであり、ボディーソープやシャンプー(Schwarzkopf、Schauma、Fa、Syoss、Taft、got2b、Right Guard)など数多くの商品を世界中の市場に送り出している。「我々の戦略は国内だけをターゲットとしているわけではない」と、FCBのSDマティアス・ザマーは両者は新しいパートナーとの共通事項を強調した。

有名フォトグラファー、ジム・ラケテによる写真撮影

早速スポンサーとしての役割を果たすビッグプレーヤーたち。バスティアン・シュヴァインシュタイガー、ジェローム・ボアテング、フィリップ・ラーム、トーマス・ミュラー、マリオ・ゲッツェがカメラの前に立ち、一流フォトグラファーのジム・ラケテの下写真撮影を行った。

「凄く楽しかったよ」と感想を述べたのはジェローム・ボアテングは、「バスティアンが上半身裸になってたよ」と、記者の前で発表。それに対してシュヴァインシュタイガーは、「誰かが犠牲になるしかなかった。全員が俺の方を指差したからさ」と、笑いながら説明。シューティングの完成版は5月以降に公開される。