presented by
Menu
インサイド

ラーム、メモリアルゲーム

ニュルンベルク戦ではキャプテンのフィリップ・ラームが、バイエルンでの250試合出場を果たした。ラームはチーム2点目となるゴールを自ら挙げ、メモリアルゲームに華を添えた。後季開幕戦のボルシア・メンヘングラードバッハ戦でラームはブンデスリーガ通算300試合出場を果たしていた。バイエルンの他に53試合をシュツットガルトでプレー。

記録更新

バイエルンはニュルンベルクでブンデスリーガ57試合連続得点の新記録を達成した。またアウェーゲーム連続得点も29試合で記録を更新している。1981-83年にHSVが樹立していた27戦連続得点記録はボルシア・メンヘングラードバッハ戦で追いついていた。

ロッベンとマルティネスが復帰

この試合ではアリエン・ロッベンが先発復帰、ハヴィ・マルティネスがベンチスタートし、途中出場を果たした。マルティネスの出場は14節ブラウンシュヴァイク戦以来。