presented by
Menu
CL決勝トーナメント初戦

トレーニングを終えてからロンドンへ出発

火曜日の14時45分、明晩に決勝トーナメント初戦、FCアーセナル戦を控えるFCバイエルンミュンヘン一同が、ルフトハンザの特別旅客機でロンドンへと出発した。「非常に面白い2試合になるだろう」と、離陸前のミュンヘン空港でカール=ハインツ・ルンメニゲがコメントし、「ロンドンで良い結果を出せるようにしたい。そして良い条件で2レグを迎えたい。我々のチームはそれが可能な状態にある」と、続けた。

ロンドン・ガトウィック空港に到着したその足で、ペップ・グアルディオラ、マヌエル・ノイアー、アリエン・ロッベンの3人の会見が予定されているチームホテルへと向かったFCB一同。というのも、ロンドンでの仕事を終えて岐路に着く車の大渋滞を避けるために、ペップ・グアルディオラは火曜日のトレーニングを出発前のミュンヘンですでに済ましていた。

この臨機応変な対応に関して主将フィリップ・ラームは、「論理的な良い解決策」とコメント。いずれにせよ、選手たちはエミレーツ・スタジアム自体のことは昨年の対戦からもすでに知っている。DFジェローム・ボアテングも、「ピッチの感覚掴むために確かに現地でトレーニングをしたかったが、2、3時間の渋滞に巻き込まれてまでする程の価値はない」と、出発前の最終調整に同意している。

本拠地ゼーベーナー通りでのトレーニングは90分間に渡って行われ、負傷中のフランク・リベリー、ジェルダン・シャキリ、ホルガー・バドシュトゥーバーを除いては全員が練習に参加。ウォームアップを終えた後、チームはアジリティトレーニングをこなし、最後にセットプレーの練習へと移った。選手たちからは高い集中力が感じられ、アーセナル戦への準備は整ったと思われる。