presented by
Menu
選手が続々と復帰

シュヴァインシュタイガーが練習に復帰

ピッチに足を踏み入れ、チームメイトと汗をかき、ピッチさから去るどの瞬間も、喜びが彼の顔に溢れていた。水曜日の午後のトレーニングで、ついにバスティアン・シュヴァインシュタイガーが全体練習への復帰を果たした。

最後に同副キャプテンがチームのトレーニングに参加したのは4週間前のカタールキャンプにまで遡る。そして、そのトレーニング後に膝の炎症を引き起こし、再び離脱を余儀なくされるシュヴァインシュタイガー。しかし、ようやく今日、ゼーベーナー通りに戻り、400人のファンの前で練習を行った。

最初に行われる戦術トレーニングから、シュートで終わるフィットネストレーニング、試合形式のトーナメントまで全てのメニューをこなした同選手。シュヴァインシュタイガーはその最後のメニューで2得点を挙げ、チームを優勝に導いた。

バドシュトゥーバーがランニングの第一段階に突入

シュヴァインシュタイガーのトレーニング復帰と同時にFCBの故障者リストの見栄えも大きく変化してきた。負傷により戦列から離れていたハヴィ・マルティネスとダニエル・ファン・ボイテンは共に、先週の土曜日から全体練習に合流している。軽い背中の痛みを訴えたトム・シュタルケだけが一時離脱している状態。

リハビリセンターで未だに怪我と格闘中なのは、ホルガー・バドシュトゥーバー唯一人となった。しかし、十字靭帯を痛めていた同選手も順調に回復している。空気圧を調整することで体感重力を減らし、より快適に走ることができる反重力トレッドミル「アルターG」でのトレーニングを、ランニングの第一歩として始めた。