presented by
Menu
チャンピオンズリーグ組み合せ抽選会後のコメント

ザマー:「勝てない相手ではないが、危険なチーム」

選手、監督、スタッフは全員、ゼーベナーシュトラーセにあるトレーニングセンターの講堂に集まり、チャンピオンズリーグ組み合せ抽選会の行方をテレビで見守っていた。FCバイエルンの次の対戦相手がマンチェスター・ユナイテッドに決まると、キャプテンのフィリップ・ラームは「素晴らしいくじだ!」と、4月上旬に行われるイングランドのレコルトチャンピオンとの2連戦への喜びを表現した。マティアス・ザマーも「とても魅力的なくじだ」と語ったが、その一方で「勝てない相手ではないが、危険なチーム」であると注意も呼びかけた。アリエン・ロッベンはこう確信している。
「非常に難しい2試合になる」

抽選会後のコメント:

マティアス・ザマー:「とても魅力的なくじだ。次の対戦相手は安定感にこそ欠けるものの、決勝トーナメント一回戦のセカンドレグを見れば、彼らの真の実力がいかほどかがわかる。このため、我々は相手に対して謙虚に最大のリスペクトを示さなければならない。調子が良い日の彼らは、いまだにトップレベルのサッカーをする。調子が良い日に当たると怖い。2日間とも調子良くサッカーされるのを阻止しなくてはならない。勝てない相手ではないが、危険なチームだ。自分に自信を持っていれば、初戦がアウェイかホームかは関係ない」

フィリップ・ラーム:「素晴らしいくじだ!最高のスタジアムと雰囲気の中でやれる。(彼らとは)歴史に残る大激闘を繰り返してきた。非常に楽しみだ。マンチェスター・ユナイテッドは、正真正銘の強豪チーム。リーグ戦での順位に惑わされてはならない。ずば抜けた選手が揃っている。だが我々がこの2試合でも実力を発揮することさえできれば、準決勝に勝ち進める可能性は大きい」

アリエン・ロッベン:「良いくじだ。ユナイテッドは、現在ベストコンディションではないかもしれないが、間違いなく世界屈指の強豪チームだ。非常に難しい2試合になる。でも楽しみだ。オールド・トラフォード(マンチェスターの本拠地)はなんといっても雰囲気が最高。あそこのような雰囲気の中でやるために我々はサッカーをしている。それを満喫して、良い結果を残すだけ。マンチェスターには、12人目の選手となるサポーターが付いている。たしかにプレミアリーグでは低迷しているかもしれないが、それはチャンピオンズリーグとは無関係。最初の1秒から全力が問われることになる」

ダンテ:「ファン・ペルシーは、世界屈指のストライカーだ。だが怖がる必要はない。この大きな2連戦への準備は整っている。最初の一秒から集中して、相手にチャンスを与えてはならない。難しい雰囲気の中で戦うことになる。さらに彼らにはワールドクラスのベテラン選手が大勢いる。注意が必要だ」

トーマス・ミュラー:「準々決勝の全てがビッグゲームになることは分かりきっていた。お願いだからこのチームを引き当ててくれと言えるようなクラブは残っていなかった。ユナイテッドは決勝トーナメント一回戦でずば抜けたパフォーマンスを発揮し、ピレウスを相手に逆転勝利を決めた。それが彼らのレベルの高さの何よりもの証拠だ」