presented by
Menu
記者会見にて

ダンテ、バイエルンと2017年まで契約延長

チームの盛り上げ役でもあるDFダンテ(30)が今日、2016年までとなっていたFCバイエルンとの契約を2017年6月30日まで延長した。

ダンテは自身のFCBへの移籍を「FCバイエルンに来たことは、人生で最高の決断だった」と振り返り、「クラブ、チーム、タイトル獲得、雰囲気など、ここは全てが良い。バイエルンは僕にとっての最適なクラブ。だから2017年まで喜んでミュンヘンに残るよ。これからもこのチームで楽しく過ごし、多くの成功を収められると確信している」と、契約延長に関して満足の表情を浮かべた。

FCバイエルンの代表取締役カール=ハインツ・ルンメニゲも同選手との契約に関して以下のように語っている。「ダンテは近年で我々の最高の移籍だった。たったの1年半でチームの重要なプレーヤーの1人に成長した。それはピッチ内外に関わらずだ。ダンテがいる時期にチームは国内・外タイトルを5つ制覇することができ、それに加え母国でのW杯に参加するという、全てのブラジル人サッカー選手の夢を今夏に叶えることができる。ダンテが2017年までFCバイエルンに留まってくれることに、我々は非常に満足している」