presented by
Menu
試合後のインタビュー

ロッベン「楽しかった」

シャルケを相手に5-1。今のFCバイエルンは、とにかく誰にも止めることができない。特にバイエルンが見せた前半45分のパフォーマンスは“見事”の一言だった。「バイエルンで経験してきた中で最高の前半だったかもしれない。とても早いテンポで、信じられないほど攻撃的にできた」と、同試合でハットトリックを達成したアリエン・ロッベンがコメント。ペップ・グアルディオラも、「先週よりもさらに勝ち点1リードを広げることができ、ドイツのリーグ戦タイトル防衛にまた一歩近づいた」と、試合後に説明している。

試合後のインタビュー:

ペップ・グアルディオラ:前半の我々のリズムとパフォーマンスはとても良かった。私のチームを祝福するよ。先週よりもさらに勝ち点1リードを広げることができ、ドイツのリーグ戦タイトル防衛にまた一歩近づいた。

アリエン・ロッベン:チームを賞賛したい。今日は楽しかった。とても情熱を持ってプレーすることができたし、バイエルンで経験してきた中で最高の前半だったかもしれない。とても早いテンポで、信じられないほど攻撃的にできた。シャルケを全く持って勢いに乗らせず、前半は圧倒していた。最終的に大事なのは記録ではなく、タイトルだ。まだこれから訪れるビッグマッチのために今のリズムをキープしなければならない。

イェンス・ケラー(シャルケ監督):前半は散々だったよ。壊滅的。我々は完全に崩壊してしまった。2分半経ってから(FKのボールが)方向が変わって失点をしたが、そこで水曜日のレアル戦から改善できていないことが明らかになった。我々には不安があり、やろうとしていたことを実現できなかった。ただただファンに謝るしかない。後半は少し勇敢になることができた。ここで負けるのは仕方のないことだが、このような形ではない。

ベネディクト・ヘーヴェデス(シャルケ主将):これ以下はないようなプレーを前半はしていた。本当に恥ずかしかったよ。この試合を見なければならなかったファンに申し訳ない。後半戦は気持ちを見せて戦い、チャンスとゴールもあった。その後は再び個々がミスをしてしまった。