presented by
Menu
僕たち次第

ダンテ「勝ちにいかなければならない」

バイエルンがマンチェスターでCL準々決勝の1stレグを戦っているとき、DFダンテはミュンヘン近郊のテレビ番組に出演していた(番組内でマンチェスターU戦を観戦している)。同ブラジル代表は累積警告による出場停止処分から1stレグを欠場しており、「とても辛かったよ」とfcbayern.deとのインタビューでコメント。しかし今週水曜日に行われる2ndレグでは、CL準決勝進出を賭けた大事な一戦に同選手も参戦する。

「なぜFCバイエルンが勝ちにいかなければならないのか」、「ホームで戦う利点」、「世界最高峰のFWウェイン・ルーニー」についてダンテが語ってくれた。

... 観戦することしかできなかった1stレグについて:とても辛かったよ。チームメイトをなんとかして助けたかった。だが、幸運なことに皆良くやってくれた。マンチェスターユナイテッドのようなトップチームにアウェイで1-1という結果には満足しなければならない。ホーム戦の勝負の行方は僕たち次第だ。

… 2ndレグ:勝ちにいくことが求められる。もし0-0を目標に試合に臨めば、最終的には負けることになるだろう。最初から超積極的に攻撃し、ゴールを奪いにいく必要がある。マンチェスターはきっとまた守備重視でくるだろう。試合時間が経てば経つほどリスクを冒してくる。

ホームでの利点:ホームでは約7万人のファンの前でプレーすることになる。アレーナは熱狂的な雰囲気に包まれるだろう。そのムード、そして僕たちのファンが必要だ。彼らが僕たちに力を与えてくれるに違いない。

ウェイン・ルーニー:代表戦で彼と戦ったことがあるけど、世界最高峰のフォワードだね。視野が広くて、最初の数メートルの加速が尋常じゃなく速い。その上、素晴らしいシュートを持っている。集中して守備をしなければならない。たとえ彼が欠場することになってもマンチェスターは高いクオリティーを持っている。